2022-5-5 幾春別岳(1068㍍)

【山名・コース】幾春別岳 1068m 1062.6m

【期間】 2022年5月5日(木・祝)   【天候】 晴

【形態】 A・ (C) ・ P ・ 他

【性別】 男性 2名 女性 1名

【メンバー】 二H(輝) 二H(理) 会員外 赤T

【山行形態】 (尾根)縦走 沢登り 岩登り (ツボ足・アイゼン・ピッケル

車止め5:25 渡渉8:10 1068m11:00 南峰(1062)11:25 

1068m11:35 渡渉13:35 車止め16:10

【短信・感想】 二H


  2019年2月のリベンジをしてきました。

桂沢湖はダム工事をしており朝早くから、誘導員の人が旗を振っていました。今よりも橋を高くしています。橋を渡り、R452から左股沢川林道脇に車を停め出発。先行の方がいましたが既に出発しています。林道は荒れていて随所で崩壊していて、落石箇所も


あり、トラバースを繰り返し、進む。C380辺りより林道に雪が出てくる。そうそう、この崩壊地点はスキーを履いて難儀した場所と記憶がよみがえる。その先、Aさんはここで雪洞泊した場所だと想いで話。雪も降ってきて、渡渉地点で撤退してきました。今回の林道歩きは雪もなくスムーズだけど、2時間45分歩き、最終林道地点に到着。渡渉地点は水嵩もそれ程でもなく、飛んでクリア。長靴、輝男さんに背負ってもらいましたが使わなかったので、ここにデポしておく。右岸に渡り、雪がない・・・・藪漕ぎなのか・・・・

 竹藪を漕ぎ少し上に上がると、作業道跡は雪が付いていて尾根取付き部分まで伸びていました。C820位で雪が切れ、竹を掻き分けていると、上から声が聞こえる。「ワァー!びっくりしたー!」と単独の男性が降りてきた。我々を熊と間違えたようです。

 



「ここ、ネギありますよ」と教え先に進む。920のポコでストックからピッケルに持ち替え、最高峰の1068に高度を上げる。上がり切ると、展望が拓けている。芦別岳を確認。北尾根キレット。あれは中岳・崕・マッターホルン・夕張岳とこの方角からの三座同定に忙しいが先の南峰へ。南峰には三角点があり、最高点の北峰で探していた、風雨に曝された看板はここにありました。




風の当たらないところでお昼を取り、下は固く、上の雪がズルット滑る斜面を降り、途中、山の恵みを頂き、渡渉地点に着く。朝より幾分水量が増えている程度で無事渡渉。林道には、行く時にはなかった、クマの大量のウンコ・でっかな足跡が縄張りを主張し


ていました。9㎞程の長い林道歩きに堪え2時間35分で車止めに到着。稜線はまだ雪はしっかりとありますが今季はもう、笹も起きてくるので、時期としては最後でしょう。

 

2022年4月30日 赤岩山

【山名・コース】赤岩山

【期間】 2022年4月30日(土)    【天候】 晴

【形態】 A・ C ・ P ・ 他

【性別】 男性 5名 女性 5名

【メンバー】 CL藤T、SL吉D、星H、渡N(誠)、柳G、高M、松U、宇N、八Y、大U

【山行形態】 尾根 (縦走) 沢登り 岩登り 登攀 山スキー 

【地点時間】 8:53如意輪観音登山口→9:09オタモイ山→9:40唐門→11:14赤岩山→

       11:25展望台(昼食)→12:42下赤岩山→13:12祝津登山口

〔記録者〕  大U

【短信・感想】  大U


  JR小樽駅で集合しバスで小樽自動車学校バス停下車し、如意輪観音登山口へ。

 空はきれいに晴れ渡り、少し寒かったが風もない中のスタートでした。

まばらにおわりかけのカタクリの花とエゾエンゴサクが咲いていました。


オタモイ山から群青色の海の向こうに増毛の雪のかぶった白い山々に目を奪われました。先に進むとヒトリシズカ二輪草ヒメイチゲエンレイソウの花々が見られました。赤岩山手前には満開のカタクリエゾエンゴサクの群落が数か所ありました。


昼食をとった展望台からは、切り立った断崖と透きとおった海に雪のかぶった積丹の山々が出迎えてくれました。

下赤岩山を越えてから岩登りする姿もありました。

立ち止まると少し寒さを感じましたが、歩くと直ぐに体が温まり気持ちの良い山行日和でした。

 

ヒヤリハット

 下り坂で石につまずき転倒された方がいました。

怪我はありませんでした。

2022-4-29 美笛(880㍍)札幌150峰 最終登山

【山名・コース】札幌150峰  美笛(880m)

【期間】 2022年 4月29日    【天候】 晴れ

【形態】 A・(C)・ P ・ 他

【性別】 男性 8名 女性 5名

【メンバー】 CL古T、SL竹K、椎N、藤T、柳G、吉K 多D、松U、金K、塩I、平N、佐T(俊)、佐K

【山行形態】 (尾根) 縦走 沢登り 岩登り 登攀 山スキー 

【地点時間】〔記録者〕 古T

       6:00登山口→9:30漁岳→11:15小漁岳→12:20美笛12:30→13:45小漁岳→

       5:30漁岳→17:50登山口

【短信・感想】 古T

美笛(880m)

2022年4月29日(金)札幌150峰 150番目 

ようやく最後の150峰となった。26日の予定が雨で28日になり、強風のため29日に決行となった。朝5時半に常盤除雪センターに集合予定であったが、すでにメンバー13人は気合が入り集まってる。3台の車に分乗し漁岳登山口に向かった。ビーコンチェックし予定通り6時に出発、林道は雪が無く、つぼ足で歩いた。1時間で林道を外れ漁岳冬道に入る。

ここでアイゼンを履き急斜面を登る。雪面は硬めでアイゼンの刃が良く効く。しばらく歩くと稜線に出た。恵庭岳、支笏区、眼下にはオコタンペ湖の美しい景色が広がる。 

この山行の登山パターンはだいたい決まっている。計画がCL古T、山行行動がSL竹K、先頭を歩くのはSLが指名し区間を分担し全員で交代する。この先頭を歩くのはルートフ

ァンディング技術の進歩となっている。それぞれ地図を見て方向を定めGPSスマホの地図アプリで確認し進むCLは最後尾でついていくだけなので楽ちんなのだ。

今回のルートは長い歩行距離往復23Km、時間12時間かかった。

漁岳には9時30分に登頂、這松の中に立派な山頂カンバンが立っている。全員登頂経験

があり人気の山だ。

 

ここから小漁岳へは這松が濃くルートを右から大きく迂回し雪をつなぎながら向かった。

小漁岳は地図ではさほど難しく見えないがアップダインがかなりあり11時15分に到着

ここの未踏者は竹Kさんと藤Tさん

 

ここから長い緩斜面を下る。這松、笹に行く手を阻まれ迂回しながら快調に下る。

「美笛とは、アイヌ語のピフィ(小石原にある川の意)に由来する地名で、清冽な美笛川が支笏湖へと注ぎ込んでいる。 この美笛地区には、樹齢300年以上のカツラ、ミズナラの大木がそびえ立ち、いつのまにか自然に「巨木の森」と呼ばれるようになった。そして、湖に注ぎだす美笛川の河口の中州には、湖水の影響で立ち枯れた巨木の根株も点在している。」

美笛は三等三角点が設置されている、行ってみると小さな丘の中ほどに今はカンバンが吊るしてある。回りは樹木に覆われ視界はない。

 

美笛には12時20分到着、ここで塩Iさんが早朝に作った赤飯が全員に配られた。寝ないで作ったのだろう!美味しい、感謝感謝。

帰りも長いので12時30分には出発した。13時45分小漁岳、15時30分漁岳、17時50分ゴールした。

 今回は全員足攣りなし、早めに68番を飲み予防していた。下山すると、お祝いのシャンパンが待っていた!!

 ジュンコさんがクラーで冷やしてふるまってくれた。感謝、感激である。

ここまで6年かかった。

札幌50峰とは1989年(平成元年)札幌市が刊行した第48巻「札幌の山々」で紹介されている山である。始まりは手ごろな日帰りの山々なので登ってみようか・・・くらいの軽い気持ちで始めました。2016年4月21に藻岩山から始まり2018年4月21日の迷沢山で50峰2年間で完登。

35人参加で延べ581人日の登山であった。失敗山行は4峰、いずれも積雪、強風などで敗退している。時期を変えて再挑戦し完登している。

 

事故は2件起きている。2016年9月15日に登った札幌岳の下山途中で加Yさんが滑って転倒、1時間ほど休憩し自力下山した。翌日の診断結果は肋骨骨折であった、

もう一件は同じ田Nさんが同じ札幌岳登山の下山中、登山道を踏み外し滑落、頭をぶつけ大きなタンコブを作った。診断は頭に異常はなし、タンコブのみであった。

最期の迷沢山の下山後、パラダイスヒュッテで盛大に完登祝いをおこなった。

 

札幌150峰の定義は定かではないが、札幌の三角点を網羅したのではないかと思われる。ここではやまびこ山友会さんのホームページを参照とした。

 

2018年5月5日のモエレ山から始まり2022年4月29日の美笛で残りの100峰を4年間で完登した。参加人数27人、延べ1278人日の登山であった。失敗登山は4峰、豪雪、ヤブが深いなどが原因で時期を変更し再登山した。このほかに番外編の山を9座登っています。

一番長く歩いた山は美笛 23Km 12時間

二番は川上と滝の口   20Km 9時間43分

三番は番外の大江山   16Km 9時間12分     

一番美しい山行はフレ岳北峰 オコタンペ湖の凍った湖面を渡り上から見る恵庭岳と支笏湖、オコタンペ湖はとても美しい。 

一番過酷な山行は無意根山、氷結した這松のトンネルをくぐり、震えながらの登山であった。楽しい思いでは天神山の花見、五天山のお汁粉パーティ、神社山の正月お汁粉パーティ 

6年間の山行参加回数トップ10

1位:古T150回 2位:渡N130回 3位:藤T123回 4位:佐K122回

5位:金K120回 6位:柳G119回 7位:高M118回 8位:松U108回

8位:椎N108回 9位:泉D106回 10位:吉K91回  

参加メンバーの登山スキルは大幅に上がったと思える。20Kmを歩ける体力、地図の見方、GPSスマホ地図アプリの使い方、歩行ルート選定、山行リーダーとしての企画力いずれもレベルアップし最近には自主山行を企画し実行している。

これで150峰は卒業であるが、今後は一人一山企画山行などにつなげていければ良いと思っている。メンバーのみなさん、ありがとうございました。 (古T)

 

ヒヤリハット】特になし

 

2022-4-24 夕張中岳[1493m峰] (1493㍍)

【山名・コース】夕張中岳[1493m峰] (1493m)

【期間】 2022年4月24日 【天候】晴天

【形態】 A・  (C) ・ P ・ 他

【性別】 男性 2名 女性 1名

【メンバー】 CL二H(理), SL二H(輝),佐T(智)

【山行形態】 (尾根)  縦走 沢登り 岩登り 登攀 山スキー 

【地点時間】〔記録者〕会員№364 佐T(智)

5:00 林道ゲート→8:55 1196mコル→11:40山頂→14:15 1196mコル→16:30 林道ゲート

【短信・感想】会員№364 佐T(智)

 早朝出発の為、太陽の里に車中泊。ヘッデンをつけて身支度をして登山口に移動、予定から30分遅れの5:00に林道ゲートを出発。

5:46 渡渉地点に到着、雪解けで水嵩が増えており飛び石での渡渉だと靴を濡らすこと必至。

ちょうどよく丸太が渡っているのを見つけ丸太を跨ぎ尻をズリズリ擦りながら渡り切る。

渡渉後、沢形から取り付き登り始めて直ぐにアイゼンを付ける。

しばらく沢形を進むとスキーのトレースを見つける。

斜面はそこそこの斜度で我慢の登りが続く。

沢形を忠実に辿り高度を上げて行くと前方に槙柏山が姿を現す。

振り返ると十勝岳連峰の山並が空に浮かんだように連なっている。

槙柏山の基部をかすめるように登り御茶々岳へと続く尾根に向かう。

尾根の手前のコルに来ると間近に夫婦岩が現れる。立派な佇まいに暫し足を止めて眺める。

尾根筋は雪が解け這松が顔を出しているので尾根の少し下をトラバースする。

鏡餅にちょんまげを載せたような御茶々岳の山頂部を眺めながら1196mのコルに向かってトラーバスしながら進む。

1196mコルに着き小休止を取る。これからの工程の為少しでも身を軽くするためワカンを這松の根元にデポする。

芦別岳に向かう主稜線から夕張中岳方向に派生している尾根のC1210~1220m間の標高をキープしながらトラバースで1298mポコを目指して進む。

傾斜の急なトラバースが続き前回の山行で痛めた左膝が痛み出す。

1298mポコを北側から巻いてから尾根筋に上がる。

尾根に上がると夕張中岳の山容がズドーンと眼前に飛び込んでくる。

いよいよピークハントへの最終段階を迎えてテンションが上がる。

膝の痛みを忘れて引き寄せられるように本峰に向かって進んで行く。

本峰の基部に着き一息入れる。ハーネスを装着しポールをデポして最後の急斜面に取り付く。

二H(輝)さんが先頭でジグを切りながら慎重に登っていく。

クラストしていたら難儀しただろうが幸い雪質がザクザクの粗目でステップが切りやすいので順調に標高を上げて行く。

あと少しで山頂部というところで雪は消え、露呈した岩塔を右から巻くように這い上がる。

山頂部に上がると風が強く吹いておりピークはナイフリッジのさらに向こう側。

へっぴり腰で慎重に渡ると夕張山地を見渡せる365°の大パノラマと急斜面を登り切った達成感で思わず顔がほころぶ。

シューパロ岳への連なりが特徴的で遠望にちょこんと夕張マッターホルン、その奥に負けないぐらいに尖った形の夕張岳の山容が見えるのが珍しくて面白い。

風が強くなってきた。眺望と記念写真をサッとカメラに収めて名残惜しいが山頂を後にする。

下山はバックステップで真っすぐ下る。

無事本峰基部まで下ってから斜面に残してきたトレースを改めて眺め「良く登って来たな」と顔がニヤつく。

下山の長いトラバースを下り始めると興奮して忘れていたが膝がまた痛み出す。

急登で時間が掛かった槙柏山までの沢形も下りはザックザックと高速で下る。

渡渉地点に着くと水嵩が増えており往路で利用した丸太だと濡れてしまいそうな勢いで流れている。

アイゼンを外し安全に渡れそうな倒木を探して往路と同じ要領で尻ズリしながら濡れることなく無事渡渉する。

膝に不安を抱えていたがここまで来れば一安心、あとは惰性で長い林道を下る。

16:30 無事ゲートに到着、膝も何とか持ち堪え迷惑を掛けることなく明るいうちに戻れてホッとする。

今回の山行では夕張山地の雄大さと奥深さを改めて実感できた素晴らしい山旅になった。

個人的には急斜面のルート取りや判断の仕方など大変勉強になり自分としてはひとまわりスキルアップできた気がする。

いつもながらCL、SLには大変感謝している。

この学びを生かして、今度は自分が計画して山行を組めるよう努力したい。

ヒヤリハット

特になし。

2022-4-19 川上(849.9 ㍍)瀧ノ口(872.8㍍)

【山名・コース】川上(849.9m),瀧ノ口(872、8m)

【期間】 2022年4月19日(火)

【天候】 晴れ、

【形態】 A・(Ⅽ)・ P ・ 他 

【性別】 男性8名 女性4名

【メンバー】CL古T  SL竹K 、メンバー 佐T(俊)、藤T、 柳G 、吉K 、多D 、松U、金K、 塩I 、平N 、武D、      

【山行形態】  ツボ足(アイゼン使用)

【地点時間】 記録者 武D

       登山口(望岳橋)1bf7:30→橋部3bf6:23→林道のカーブミラー地点14bf8:25→

川上山頂21bf9:53→瀧ノ口山頂26bf11:27~12:00→23bf12:59→林道のカーブミラー地点14bf13;30→橋部3bf14:45→登山口(望岳橋)1bf15:30

 

【短信・感想】  武D

 川上、瀧ノ口山行は150峰の通算148番目と149番目山であり先週の大江山、今回の川上、瀧ノ口、次週の美笛と行動時間が10時間越の為、覚悟をして参加しました。

大江山では下山時の登山口到着30分前に右足が攣り苦労しました・・・)

豊滝道路情報館に午前5時30分集合となっているが皆30分前に集まる。天候は予報通り快晴で風も少ない最高の登山日和であった。

中山峠途中の望岳橋の駐車場に車を停めて午前6時にアイゼン装備のツボ足で出発する。

駐車場から標高差250mの急斜面を下った林道を目指し30分弱で着く。雪質は締まっているのでアイゼンの効きが良く順調に降りて行ける。帰りはその登り返しを想像すると足が攣らないか心配であった。

尾根を登っていると途中左手に薄狭山、札幌岳、遠くに空沼岳が確認できる。

 又、右手には羊蹄山、意根山が青い空の中で白い姿を林の中から現す。

 前日降った雪(3㎝程度)が樹木の枝から融けて雨だれのように落ち頭が濡れる。

林道歩きから尾根を登り、林道のカーブミラー地点15bfに8:25に着き小休憩をする。

林道近くの大きな松の木の上部に多量のマッボックリを多田さんが見つけ声をあげる。

じきに今回の1座目ある川上(849.9m)の山頂に9時53分着く。予定より30分早

い。 集合写真を撮り21bf~23bfから緩い下りの林道を歩く。

 

 23bfポイント地点からは折り返しをて緩い登りの林道を瀧ノ口山頂を目指して歩き瀧ノ

口山頂26bfに11時27分に着く。(予定より約1時間早く到着した。)

 

下山も快晴の中一部ショートカットをしてトラブルもなく順調に進む。

 最後の250mの急登の登り返しは疲れたが休みなしで一気に登る。到着時間は15時

30分に着く。

(望岳橋の登山口予定時間が17時ですので1時間30分の短縮であった。)

 今回の山行は時間も長いので多少心配もあったが天気にも恵まれてトラブルも無く順調

に行動ができました。CL,SL参加者の皆様ありがとうございました。

 150峰最後の美笛にも来週参加したいと思いますのでよろしくお願いします。

 

ヒヤリハット

 無し

2022-4-16~17 三段山(1748㍍), 十勝岳(2077㍍) 吹上温泉コース

【山名・コース】三段山 1748m 十勝岳 2077m コース 吹上温泉

【期間】 2022年04月16日(土)17日(日)    

【天候】晴れ                                       

【形態】 (A)・ Ⅽ ・ P ・ 他

【性別】 男性4名     女性4名

【メンバー】 ⅭⅬ納Y SⅬ金K 厚M 吉D 宇TN 多D 旧会員:熊G 外:渡B

【山行形態】(尾根) 縦走 沢登り 岩登り 登攀 (山スキー )

【地点時間】〔記録者〕会員№366多D

                16日 11:35 吹上温泉登山口 12:55 二段目 14:35 三段山山頂 

            15:00 下山開始 16:00 吹上温泉登山口

        17日 7:25 吹上温泉登山口 7:50 渡渉 8:45 十勝岳避難小屋

            9:15避難小屋下山開始 10:25吹上温泉登山口

                        11:00 納Yさん他2名

                    

【短信・感想】会員№366多D

今年の冬山納め富良野の三段山スキー5名、スノーシュー3名で吹上温泉登山口を11:35に登山開始、出発が遅かったので雪が柔らかく歩きやすかった。

私は三段山1月に初めて来ましたが天気が悪く二段目で下山しました。

今回は快晴、風も無風気持ちは山頂を目指して進みます。

メンバーも気持ちは同じ、コースは1月と別で一段目を通らず二段目に到着右を見るとオオー富良野岳、左は真っ白にとんがった十勝岳、火口から噴煙がすぐ近くに見へ自然に感動 今日は噴煙が多い様に思います。

ここから1,500m付近で荷物を少しデポ、私たちスキーはアイゼンを付け、スノーシュー組は蕾で登る事にだが雪が固くガリガリで急登やっとの思いで山頂に到着14:35 素晴らしい十勝岳 カミホロカメットク山 上富良野岳 富良野岳そして大雪山が見え感動です。

皆さんで十勝岳を入れて記念撮影15:00下山開始ザラザラと急斜面私は横滑りで降ります。

 

急斜面を過ぎると雪も柔らかく私しなりに滑れました。二段目に着き大KBさんポイント皆さんで黙とう 16:00吹上温泉登山口到着 お疲れ様でした。夜は鮭鍋で乾杯です。

 

17日 十勝岳 7:25吹上温泉登山口を出発天気は晴れ風強く(13m)1,500m付近までは

登りたいとの思いで進む先ずは富良野川の渡渉が心配でしたが雪があり渡る事ができました。

川を渡ると目標物のない雪原が広がり夏道を地図で確認しながら十勝岳避難小屋を目指す、コースは平坦で歩きやすく赤のデポ旗を目印に立てていく 8:45避難小屋到着小屋で休んでいたが風が強くなり私達5名ここで下山 納谷さん熊谷さん渡部さんは前進することに 私たち下山は平坦なコースを目印のデポ旗を見つけながら降りて来ました。

10:25吹上温泉登山口到着。納Yさん達3名 11:00吹上温泉登山口到着。

今回の冬山納め三段山は快晴無風 十勝岳は晴れ風が強かったのですが素晴らしい山スキーでした。

又三段山のピークは最高~

リーダーを始め参加の皆様ありがとうございました。